macOS

  1. Read

    Dortania、2024年冬までにmacOS 15 SequoiaをサポートするOpenCore Legacy Patcher 2.0.0のリリースを目指すと発表

    OpenCore Legacy Patcherを開発しているDortaniaはAppleがWWDC24で発表し、今年の秋に公開を目指すmacOS 15 SequoiaのサポートについてGitHub上で発表しました。この発表では2024年冬までに、macOS SequoiaをサポートするOpenCore Legacy Patcher(OCLP)2.0.0をリリースを目指すとしました。 同発表内では現状の課題やOCLPのプロジェクトリーダであるミコラ氏の手術についても触れられています。 関連> macOS Sequoiaの非対応機種での動作報告続々。だけどまだ試さず待機! 弊記事の「あのかぼ」版は「OpenCore Legacy Patcher、2024年冬までにmacOS 15 Sequoia対応を目指す」にございます。 macOS 15 Sequoiaのサポートに関する現状の問題点 DortaniaチームはmacOS Sequoiaへの対応に際していくつかの技術的課題に直面していると報告しています。以下にその詳細をまとめました。 ドロップされたモデル macOS Sequoiaは比較的寛容なOSのようで、macOS 14 Sonomaと比較して、2モデルのみがサポートを打ち切られる形となりました。 macOS 15 Sequoiaからサポートが終了したしたMacは以下の通りです。MacBook Air 2018~2019 (MacBookAir8,x)がサポートが終了となりました。 関連> 「macOS 15 Sequoia」がインストールMacは?MacBook Airの2モデルがサポート対象外に関連> Apple、MacBook Airを発売から4年で最新macOSのサポート終了へ T2チップ搭載のMacBook AirとOpenCorePkgの課題 現時点で大きな問題として挙げている1つは、macOS Sequoiaからサポートが終了したMacBook Air 2018とMacBook Air 2019でOpenCore を介した起動ができないという物です。 MacBook Air (2018/2019) :MacBookAir8,xに搭載されているT2チップは、OpenCorePkgを通じてブートする際に通信が途絶えるという重大な問題が発生して...

  2. Read

    iMac 2019では「iPhoneミラーリング」が利用できないのはT2チップがないから OCLPやHackintosh環境でも実現不可か

    AppleがWWDC24で発表したMac向けのOSの次期バージョンであるmacOS 15 Sequoia ではMacとiPhoneを連携させ、Macの画面上からiPhoneを操作できる「iPhone ミラーリング (iPhone Mirroring)」という目玉機能が追加されます。この機能はIntel Macでも利用できるため、多くのユーザにとって歓迎される機能ですが、「すべてのMac」で利用できるわけではありません。 この件についてOpenCore Legacy Patcher (OCLP)のプロジェクトリーダが理由を解析し、自身のX (旧Twitter)上で理由を説明しました。 この記事は「おんかぼ」のダイジェスト版です。この記事の内容をより詳細に確認したい場合には「あのかぼ」の「OCLPやHackintoshの多くの構成ではmacOS 15の「iPhoneミラーリング」利用不可か T2チップのハードウェア認証が必須」をご覧ください。 macOS 15 Sequoia公式対応のiMac 2019がiPhone ミラーリングをサポートしないのはT2がないから 古いMacで最新のmacOSをインストール可能にするOCLPのプロジェクトリーダを務めているミコラ氏は、27日までに自身のXを更新し、macOS 15 Sequoia公式対応であるiMac 2019が目玉機能ともいえる「iPhone ミラーリング」が利用できない理由について説明し、OCLPやHackintoshでの利用についても言及しました。 ミコラ氏の投稿によると、iPhone ミラーリングにT2チップやApple Siliconチップが必要な理由として、セキュリティのためにデバイスの認証を行うプロセスでハードウェアデバイス認証を利用しているためだと説明しました。 OCLP環境やHackintoshでも同様に利用不可 T2を搭載したMacの場合は? 同投稿内ではOpenCore Legacy PatcherやHackintoshesを使用しているユーザーは、最新のAppleハードウェアに搭載されている特定のセキュリティチップ(T2チップやApple Siliconチップ)を持っていないため、これらの機能を使用できないと明かし、これらの機器にmacOS 15 SequoiaをインストールしてもiPhone ...

  3. Read

    OpenCore Legacy PatcherのプロジェクトリーダーMykola Grymalyuk氏がMacDevOpsYVR 2024でElectronのセキュリティについて講演

    OpenCore Legacy Patcher(OCLP)のプロジェクトリーダーであるMykola Grymalyuk氏が、2024年6月21日(現地時間)に開催されたMacDevOpsYVR 2024に登壇し、「Electronアプリケーションのセキュリティ」についての講演を行いました。この講演ではElectronフレームワークが抱える問題と、それらに対処するためのMykola氏が開発する新しいオープンソースツール「Lectricus」の紹介が行われました。 目次 MacDevOpsYVR 2024に登壇したミコラ氏 – Making your Mac a worse place? ここではMacDevOpsYVR 2024でのミコラ氏の講演について簡単に紹介します。 講演のテーマだった「Electron」とはそもそも何? Electronは、HTML、CSS、JavaScriptといったウェブ技術を用いてクロスプラットフォームのデスクトップアプリケーションを開発するためのフレームワークです。SlackやVisual Studio Code、弊メディアでも紹介してきたbalenaEtcherやDiscordなど、多くの人気アプリがElectronを使用して開発されています。しかし、その利便性ゆえに、ウェブアプリケーションに共通するセキュリティ上の脆弱性も引き継いでしまうという課題があります。 Mykola氏はMac/Appleデバイスに関連する開発やセキュリティの専門家が集まる年次カンファレンスに登壇し、Electronアプリがセキュリティに及ぼす影響や、Electronアプリケーションのセキュリティ脆弱性を発見するMykola氏が開発した「Lectricus」の紹介を行いました。 ミコラ氏も開発に携わる「Lectricus」とは? この講演は「Making your Mac a worse place?」と題され、Mykola氏は、自身が開発に携わるオープンソースツール「Lectricus」を紹介しました。このツールは、Electronアプリケーションの潜在的なセキュリティ脆弱性を発見し、開発者が自らのアプリケーションを監査するために使用することができます。 講演では、Mac、Windows、Linuxマシンに対してLectricusを使用してセキ...

  4. Read

    【FAQ】OpenCore Legacy Patcher (OCLP)に関するよくある質問

    これまで「あのかぼ」や「おんかぼ」では古いMacに最新のmacOSをインストールする方法やOpenCore Legacy Patcher (OCLP)の使い方について紹介してきました。この記事ではOCLP関連の記事を投稿する上で、「あのかぼ」や「おんかぼ」で頂く質問とその答え(FAQ)についてまとめてみました。 OCLPを利用して古いMacを復活させたい方の参考になれば幸いです。 なお、OpenCore Legacy Patcher (OCLP)の使い方は弊サイトのOCLPガイドや「あのかぼ」のOCLP詳解シリーズ、OpenCore Legacy Patcher専門サイトのガイドなどをご利用ください。 目次 OCLP関連でよく発生するトラブルとその解決方法 OCLP関連のトラブルとその解決方法は各macOSに用意していますが、その中でもよく寄せられるトラブルについてまとめました。 Q. OCLPを使用したMacで進入禁止マークが表示されて起動できなくなった時は? A. macOSがOpenCore Legacy Patcher (OCLP)から起動していることを確認してください。Macの起動時に optionキー(altキー)を押し続け、Apple Startup Managerを立ち上げます。 そして、「EFI Boot」(OpenCoreのアイコン)のラベルを選択し、Enterキーを押しmacOS をインストールしたボリュームを選択し、起動します。詳しくはあのかぼの「OCLPを使用してmacOS をインストールした後、禁止マークが出て起動しない場合の解決方法」をご覧ください。 Q. 「ソフトウェアアップデートの準備中にエラーが起きました。」でインストールが完了しない OpenCore Legacy Patcher (OCLP)を使用してmacOS のインストールやアップグレードを行っている最中に「ソフトウェアアップデートの準備中にエラーが起きました。」と表示され作業が完了しない場合にはMacの電源を切り、再起動時にOpenCoreのブートピッカーで「macOS Installer」を選択して起動します。 これでも解決しない場合にはMacのファームウェアが最新のものになっているか、USBメモリに作成したmacOSのインストーラに問題がないかを確認してください。 ...

  5. Read

    Apple、macOS SequoiaでiCloudが仮想マシンでサポートされると発表 ただしApple Silicon限定

    Appleは、次期macOS Sequoiaでの仮想化フレームワークにおいて、Macユーザーが仮想マシン(VM)内でiCloudにサインインできる新機能を発表しました。これにより、開発者はiCloud機能をテストしやすくなり、ユーザーはアプリをiCloudと同期させることが可能になります。 以前は、macOS VMでiCloudにサインインできなかったため、仮想化フレームワークの利用が制限されていました。 仮想マシンでiCloudが利用可能に! これまで、macOSの仮想マシンではiCloudにサインインすることができませんでした。この制約は、特にiCloudを利用したアプリケーションの開発やテストにおいて大きな障害となっていました。また、個人ユーザーにとっても、仮想マシン内でiCloudデータを利用することができないため、不便が生じていました。 macOS Sequoiaでは、この制約が取り除かれ仮想マシン内でiCloudを使用することが可能となりました。この新機能は、ホストおよびゲストのオペレーティングシステムがmacOS 15 Sequoia以降であることを条件としています。 macOS Sequoiaの新機能 新しい機能はApple Siliconを搭載したMacでのみサポートされます。さらに、macOS 15のインストールイメージ(.ipswファイル)から新しく作成された仮想マシンのみがiCloudの機能を利用できます。 この制約により、既存の仮想マシンをmacOS 15にアップグレードした場合や、macOS 15より古いバージョンのmacOSをを実行している仮想マシンの場合はiCloudにサインインできません。 セキュリティとアイデンティティ Appleの仮想化フレームワークのドキュメントによると、「macOS 15のソフトウェアイメージからmacOS 15で仮想マシンを作成する際、仮想化はホストのSecure Enclave (セキュアエンクレーブ)のセキュリティ情報から派生したアイデンティティを仮想マシンに構成します。個々の物理デバイスがSecure Enclaveに基づく独自のアイデンティティを持つのと同様に、このアイデンティティも他の仮想マシンとは異なります。」とのこと。(Apple Document) また、仮想マシンを別のMacホストに移動...

  6. Read

    macOS Sequoiaの非対応機種での動作報告続々。だけどまだ試さず待機!

    Appleは6月10日 (現地時間)、次世代のmacOSであるmacOS 15 Sequoia を発表しました。macOS 15 Sequoia はiOS 18にも搭載されたAI機能「Apple Intelligence」を活用した多数の新機能やMacから直接iPhoneを操作できるようになる「iPhoneミラーリング」などの魅力的な機能を搭載して今年の秋公開される予定です。 このmacOS 15 Sequoia をサポートしないMacでの動作報告が相次いでインターネット上に登場しています。 目次 macOS 15 Sequoiaの開発者向けビルドが非対応のMacで動作? WWDC24の基調講演でmacOS 15 Sequoiaが発表されたは、同日開発者向けにベータ版が公開されました。これが本来macOS 15 Sequoiaの対応機種ではない古いMacで動作したとされる投稿が相次いでいます。 関連> 「macOS 15 Sequoia」がインストールできるMacは?MacBook Airの2モデルがサポート対象外に Mr. Macintosh氏はAppleが開発者向けに公開したmacOS 15 Sequoiaのベータ版をAppleが過去に販売していたラックマウントサーバであるXserve (2009)にインストールしたとみられるスクリーンショットを6月11日に公開しました。 Mr. Macintosh氏がmacOS 15 SequoiaをインストールしたとみられるXserveのスペックは以下の通りです。 ※ モデルについて言及はないものの、仕様を考慮するとXserve (2009)と思われる GPUにはMetal APIが利用できないNVIDIA GeForce GT 120が利用されており、ウィンドウの透過処理がなされていないことからグラフィック アクセラレータが無効になっていることが分かります。 また、Mr. Macintosh氏以外にもMacRumorsのフォーラムではmacOS 15 Sequoiaを非対応のMacで動かそうと多くのユーザがインストールをトライしています。 MacRumorsのフォーラムではmacOS 15 Sequoia Beta 1 (24A5264n)をMacBook Pro 2013 (13インチ)、MacBook Pro ...

  7. Read

    Apple、Windowsが導入した機能を15年の歳月を経てmacOSに搭載

    Appleは6月10日 (現地時間)から開催されているWWDC24の基調講演で次期macOSとなる「macOS 15 Sequoia」を発表しました。 「macOS 15 Sequoia」には「Apple Intelligence」やMacから直接iPhoneを使える「iPhoneミラーリング」が利用できるなど大変期待されるアップデートになると予想されますが、macOSには長年搭載されていなかった、ウインドウ操作を支援する機能が追加される見込みです。 macOS Sequoiaには15年前にWindows 7で搭載された機能が実装される? この機能は画面の端にウインドウをドラッグすると、macOS Sequoiaが自動的にデスクトップ上のタイルの位置を提案する機能で、Windows 7から搭載された「エアロ スナップ (Aero Snap)」(Windows 10以降では「スナップ」と改称)によく似た機能です。 macOSにこの機能が搭載されるまでは従来はこのエアロ スナップのような機能をMacで使用する場合には「BetterSnapTool」などの有償のソフトを導入する必要がありました。 なお、Appleはこの機能につてい以下のように説明しています。 ユーザーは、自分にとって最適なレイアウトでウインドウを配置する新しい方法で、情報を整理することができます。ユーザーが画面の端にウインドウをドラッグすると、macOS Sequoiaが自動的にデスクトップ上のタイルの位置を提案します。ユーザーはウインドウを正しい位置に配置したり、すばやくタイルを並べて配置したり、より多くのアプリを表示できるように隅に置いたりできます。新しいキーボードとメニューのショートカットは、ユーザーがよりすばやくタイルを整理するのに役立ちます。 Apple Newsroom より まとめ Windows ではエアロ スナップは2009年にWindows 7から搭載されていただけに、Appleはこの機能の搭載に15年かかったとも言えますが、これでMacユーザもウインドウ操作が随分と簡略化でき、日常的な業務効率が上がることが見込まれます。 macOS 15 Sequoiaに搭載されたその他の新機能については「Appleの新しいmacOS Sequoiaが開発者に公開、新機能や見どころを紹介!」をぜひ...

  8. Read

    「macOS 15 Sequoia」がインストールできるMacは?MacBook Airの2モデルがサポート対象外に

    Appleが2024日6月10日(現地時間)にWWDC24で発表した「macOS 15 Sequoia」がインストールできるMacが公表されました。macOS 15 SequoiaはAppleが定めるIntel CPUを搭載したMacとApple Siliconを搭載したMacをサポートします。 macOS 15 Sequoiaが対応するMac macOS 15 SequoiaをサポートするMacは以下の通りです。 「macOS 15 Sequoia」では「macOS 14 Sonoma」までサポートされていたMacBook Airの一部のモデルがサポートから外されました。 macOS 15 Sequoiaからサポートが終了したMac macOS 15 Sequoiaからサポートが終了したしたMacは以下の通りです。MacBook Air 2018~2019 (MacBookAir8,x)がサポートが終了となりました。 なお、macOS 15 Sequoiaの新機能は姉妹サイトの「あのかぼ」で紹介しております。 弊ブログ(おんかぼ)と姉妹メディア(あのかぼ)では引き続き、OpenCore Legacy Patcherの最新情報やmacOS Sequoia関連のニュースを紹介していきます。記事の更新については、かぼしーのTwitterアカウントやHumin.meで紹介しますので、ぜひフォローいただけると幸いです。 2024.06.12 公開当時、本稿のタイトルが「「macOS 15 Sequoia」がインストールMacは?MacBook Airの2モデルがサポート対象外に」となっておりました。正しくは「「macOS 15 Sequoia」がインストールできるMacは?MacBook Airの2モデルがサポート対象外に」です。お詫びして訂正いたします。

  9. Read

    OCLPとCloverBootloaderのいいとこどり?「Clover-OCLP」がリリース

    OpenCore Legacy Patcher (OCLP)は愛着のある古いMacに最新のmacOSをインストールことを支援するツールですが、このOCLPをベースとした新しいプロジェクトが登場しました。その名も「Clover-OCLP」と「Clover-OCLP-Duet-Legacy」。これらは、オリジナルのOCLPと同様にAppleのサポートが終了した古いMacでも最新のmacOSを利用できるようにするためのプロジェクトです。 この記事は「あのかぼ」のダイジェスト版です。この記事の内容をより詳細に確認したい場合には「あのかぼ」の「OCLPをベースとしながらOpenCoreではなくCloverを活用した「Clover-OCLP」と「Clover-OCLP-Duet-Legacy」が爆誕」をご覧ください。 目次 Clover-OCLPって何? Clover-OCLPは、OpenCore Legacy Patcher (OCLP) をベースにしたプロジェクトです。OCLPは、最新のmacOSを古いMacにインストールするためのツールですが、Clover-OCLPはその名の通り、OpenCoreではなくClover Bootloaderを使用しています。CloverはOpenCoreと同様にHackintoshの世界では非常に人気のあるブートローダー(ブートマネージャ)です。 Clover-OCLP-Duet-Legacyとは? Clover-OCLP-Duet-Legacyは、Clover-OCLPのために設計されているEFIです。 Appleからのサポートを失ってしまったMacでmacOS Big Sur 以降のOSが起動できるようになります。 Clover-OCLPを選ぶ理由 Clover-OCLPはどのような方におすすめでしょうか? 例えば既にHackintoshでClover Bootloaderについて熟知している方やOpenCore以外を試してみたい方にお勧めです。細やかな設定を使い慣れたCloverで行いたいという方には魅力的な選択になることは間違いないありません。 また、Clover-OCLPは本家のOpenCore Legacy Patcherと基本的(EFIのビルドは全く異なります)には同じ操作性で扱うことが可能で、Clover Bootload...

  10. Read

    OpenCore Legacy Patcher 1.5.0が公開 ―特権ヘルパーツールの追加やインストール方法変更など大型なものに

    OpenCore Legacy Patcher (OCLP)を開発するドルタニアは、6月1日に旧世代のMacを最新のmacOSに対応させるためのツール「OpenCore Legacy Patcher」の新バージョン1.5.0をリリースしました。 この更新では従来の.app (OpenCore-Patcher-GUI.app.zip)の他にインストーラパッケージである.pkg形式の「OpenCore-Patcher.pkg」と「OpenCore-Patcher-Uninstaller.pkg」が追加され、今後は従来の.appは非推奨になるなど、大きな変更を伴っています。 > OpenCore Legacy Patcher 1.5.0 ダウンロード先 OpenCore Legacy Patcher (OCLP)の使い方は以下の投稿で詳しく解説しております。 目次 OpenCore Legacy Patcher 1.5.0の主な変更点 以下はOpenCore Legacy Patcher 1.5.0に加えられた主な変更点です。OCLP 1.5.0では新しい「Privileged Helper Tool」(特権ヘルパーツール)が追加、新しいパッケージベースのディストリビューションであるOpenCore-Patcher.pkgが追加された他、アンインストール用の「OpenCore-Patcher-Uninstaller.pkg」も追加されました。 OpenCore Legacy Patcherに加わった新しい形式 OpenCore Legacy Patcher 1.5.0では、従来の.app (OpenCore-Patcher-GUI.app)の他、新しく「OpenCore-Patcher.pkg」と「OpenCore-Patcher-Uninstaller.pkg」が追加されました。 以下はOpenCore Legacy Patcher 1.5.0で利用可能なファイルの説明です。 新しい特権ヘルパー ツールの追加 OpenCore Legacy Patcher 1.5.0ではインストーラーの作成などの際にパスワードの入力を求める回数を減らすための新しい特権ヘルパー ツール (Privileged Helper Tool) が追加されました。 これはOpenCore ...